驚異の細密表現展!

横須賀美術館にて「驚異の細密表現展~江戸・明治の工芸から現代アートまで~」鑑賞。

開港場であり居留地のあった横浜は、明治期には陶磁器の一大生産地であり、真葛焼に代表される「横浜焼」ぼ精巧な細工や意匠は欧米の人々を驚かせ、大変な評判を呼びます。またこの地では洋家具をもとにして龍や松竹梅、鳳凰などの精密な彫刻をほどこした和洋折衷で輸出用の彫刻家具が制作されます。近年、横浜焼が里帰りしつつあり、また日本にほとんど残ってない貴重な彫刻家具の表現にも改めて注目が集まっています。

美術館周辺の紫陽花は見頃を迎えています。