歴史を学ぶ!

f:id:biso:20190724070508j:plain

f:id:biso:20190724070540j:plain

稱名寺隣接地に在る神奈川県立金沢文庫にて「東京大学東洋文化研究所金沢文庫~東洋学への誘い~」9月16日まで開催。

f:id:biso:20190724070920j:plain

f:id:biso:20190724070943j:plain

f:id:biso:20190724071015j:plain

f:id:biso:20190724071037j:plain

f:id:biso:20190724071107j:plain

f:id:biso:20190724071129j:plain

東京大学東洋文化研究所は「東洋文化の綜合研究」を目的として1941年に創設されました。以来、アジア諸言語を用いる広範な地域、時代、多様な分野を対象として国内外の研究を牽引し、東洋学研究の可能性を発信しています。

安全・安心明るい街づくり!

f:id:biso:20190723071042j:plain

7月22日(月)神奈川県警察官友の会(田浦地区)横浜市栄区に在る「神奈川県警察学校」視察見学会開催。

男女共、体育館にて、救命講習、柔道、剣道等真剣に行っていました。

校内で、学生の大きな挨拶には、将来警察官として、活躍されることと確信しました。

海のスポーツ・心身共健康!

f:id:biso:20190720143441j:plain

平成町うみかぜ公園にて「横須賀うみかぜカーニバル2019」7月20日(土)~21日(日)開催。

f:id:biso:20190720143508j:plain

f:id:biso:20190720143736j:plain

日頃支援している「カヌー体験」関係者に挨拶。

f:id:biso:20190720143854j:plain

f:id:biso:20190720143919j:plain

f:id:biso:20190720144013j:plain

横須賀うみかぜカーニバルは「横須賀市環境マネジメントシステム」に基づいた地球環境に配慮して、イベントを行っています。

感性を磨く!

f:id:biso:20190719070425j:plain

f:id:biso:20190719070455j:plain

素晴らしい眺望の観音崎に在る横須賀美術館

f:id:biso:20190719070532j:plain

f:id:biso:20190719070607j:plain

f:id:biso:20190719070732j:plain

ねないこだれだ」や「めがねうさぎ」の作者として知られる「せなけいこ」は、1969年、子育てに奔走する中、37歳で絵本作家としてデビューしました。以来、

うさぎなどをモチーフに、貼り絵の手法を用いて生み出したシンプルながらも独創的な絵本は、世代を超え、多くの親子に読み継がれるロングセラーとなっています。

f:id:biso:20190719071709j:plain

f:id:biso:20190719071802j:plain

9月29日まで、所蔵品展「高木修~特異な空間へ」開催。

f:id:biso:20190719072005j:plain

f:id:biso:20190719072028j:plain

f:id:biso:20190719072051j:plain

f:id:biso:20190719072115j:plain

f:id:biso:20190719072138j:plain

高木修は、栃木県生まれ、1993年から横須賀に移り住み創作活動を続けている作家です。1971年高松次郎が主宰する「塾」に学び、創作活動を開始した。

その後、哲学者の市川浩に師事し、金属を主とした立体造形作品の発表のみならず、自らの身体を用いたパフォーマンス作品や様々なプロジェクトを行ってきました。