情報収集、事業活動に生かす!


11月28日(月)住宅産業研修財団会議室にて、第189回 コミュニケーション・プラザ開催。
司会は、国土交通省都市局都市安全課長 小田宏昭氏、テーマ「健康を増進させる住まい」です。

「なぜ、今、住まいの健康か?」について、東京都市大学 都市生活学部 教授 坊垣和明氏より研究成果を発表。「健康の経済価値評価」について、慶應義塾大学 理工学部システムデザイン工学科 教授 伊香賀俊治氏より研究成果を発表。

「健康を伸ばす住まい〜医学的見地から〜」について、首都大学東京 都市環境学部 建築都市コース 教授
星 旦ニ氏の著書も発刊されています研究発表がありました。

「住まいの健康性評価」について、東京大学大学院 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻 准教授
清家 剛氏の研究成果発表がありました。
大変有意義なお話をお聴き出来ました。
各教授の皆様の益々のご活躍を祈念致します。感謝!